燕雀の夢

今日の本は、天野純希さんの「燕雀の夢」です。

長尾為景「下剋の鬼」
武田信虎「虎は死すとも」
伊達輝宗「決別の川」
松平広忠「楽土の曙光」
織田信秀「黎明の覇王」
木下弥右衛門「燕雀の夢」


名前を聞いても「誰?」と聞きたくなるような人物が主役の物語です。
しかし、それぞれの人物の息子たちは英傑と呼ばれる人物です。
謙信、信玄、政宗、家康、信長、秀吉。
ほとんど知ることのなかった英雄たちの父。
どんな思いで自分の子を見ていたのか。

自分と父、子供。
いろんな関係性で感情の移入先がかわってくるとは思います。
私は子供がいないので、自分の父はどういう思いで私のこと見ていたのか。
そんなことを思いながら本書を読みました。

織田信秀さんの話が一番好きです。




歴史に埋もれた人物が好きな人
次代に期待する子供がいる人
父子関係に悩んでいる人
にオススメです。



オススメ度
☆☆☆☆☆







theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : 天野純希

戦始末

今日の本は、矢野 隆さんの「戦始末」です。

羽柴秀吉(金ケ崎)
馬場信春(長篠)
柴田勝政(賤ヶ岳)
堀秀政(小牧・長久手)
高橋紹運(岩屋城)
島津義弘(関ヶ原)
石田三成(関ヶ原)

名前を見るとと錚々たるメンバーですが、戦いの名称とセットで見れば
全て敗戦側として参加した面々となります。
そんな敗者、とくに殿軍となった者たちの戦い様を描いた作品集です。

若かりしころのエネルギッシュな秀吉、仕えるべく主を亡くした喪失感に中にいる信春。
言い訳や後悔に縛られる勝政、黙々と敗戦処理をする仕事人・秀政。
死を覚悟しても次世代に期待し晴れやかな紹運。
自らの戦場を探し求める戦人・義弘に、絶望的な状況で自分の生き様を見つめなおす三成。


感情移入できる武将もいれば、首をかしげたくなる人物もいる。
追い詰められ、絶体絶命の場面での人間の行動を想像させられました。
敗者目線での戦場を、これだけ並べられた作品ってめずらしいのではないでしょうか。
読後スッキリ爽快とはなりませんが、なかなかに得難い気分になるお話でした。


歴史に埋もれた人物が好きな人
勝者より敗者に感情移入してしまう人
一敗地に塗れたが復活を期す人
にオススメです。



オススメ度
☆☆☆☆☆




theme : 読んだ本
genre : 本・雑誌

tag : 矢野隆

ふたり天下

今日の本は、北沢 秋さんの「ふたり天下」です。


家康の実子ながら、常に疎んじられてきた結城秀康。
稀代の名軍師・黒田官兵衛の息子・長政。
関ケ原後の混乱を二人が手を組み、天下を狙う。
それに従うは、「西国無双」の立花宗茂。

この三人が手を組み、大坂城に入れば徳川の天下もひっくり返せるのでは。
そう思わせる構想力と緻密な描写。
果たして天下の行方はいかなる方向へ。

といった感じのお話です。
結城秀康さんについては、ほとんど予備知識がなかったので、楽しみながら読めました。

ただ、説明的な文章がちと多すぎでは・・?
「哄う合戦屋」を読んだときもそう思ってしまいました。


結城秀康が好きな人
黒田長政が好きな人
偉大な父を持つ二代目の人
にオススメです。


オススメ度
☆☆☆




theme : 読んだ本
genre : 本・雑誌

tag : 北沢秋

草雲雀

今日の本は、葉室 麟さんの「草雲雀」です。

りり、りり、りり。
草雲雀は恋の歌をさえずっているそうです。
部屋住み身分の鬱屈した生活に彩りをと、庭にいた草雲雀を夫・清吾のために捕まえる妻・みつ。
捕まえられた草雲雀に自らの姿を見て不憫に思い、解き放つ清吾。
互いを想い合う控えめな感情表現。

年々こういう小説が好きになってきているようです。
そう思うと歳を重ねるのも悪くないのかもしれません。

物語は、筆頭家老の地位を狙う山倉伊八郎の用心棒を栗屋清吾が引き受けることから始まります。
朴訥で真っすぐな清吾と豪放磊落な伊八郎。
対照的な二人が力を合わせて目前の危難に立ち向かっていく。

やっぱり葉室麟さんの小説っていいです。



葉室麟が好きな人
誇りや矜持を持ててない人
未来への展望が閉ざされていると感じている人
にオススメです。


オススメ度
☆☆☆☆☆





theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : 葉室麟

黒書院の六兵衛

今日の本は、浅田 次郎さんの「黒書院の六兵衛」です。

勝と西郷の会談で、江戸無血開城が決められたあと。
てこでも動かぬ旗本がひとり。
無言で居座り続け御書院番士。
品格ある挙措と堂々たる威風は、「最後の武士」にふさわしい。
すべてをなげうって武士の良心を体現する成り上がり者の目的は。。

広告を見て読んでみたくなった本です。
江戸城に無言で居座る御書院番氏。
彼をめぐって周囲が翻弄されるさまが面白おかしく描かれています。

一気読みさせられましたが、最後に「ん?」って感じが残ってしまいした。
読後より、読んでいる最中がおもしろかったです。



幕末ものが好きな人
誇りや矜持を持てない人
やっかいな人に振り回されている人
にオススメです。


オススメ度
☆☆☆









tag : 浅田次郎

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード