スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝天の剣 島津義弘伝

今日の本は、天野純希さんの「衝天の剣 島津義弘伝」シリーズです。


島津義弘さん、好きなんです。
で、題名を見て思わず手に取ってしまいました。

九州征伐以降の話がメインです。
それ以前の話は「破天の剣」って本があったようです。
図書館で借りると、往々にしてこういうことがありますね。

義弘さんが、権謀術数の政に翻弄され苦悩する場面が多いです。
が、やっぱり戦場での大活躍には胸が躍ります。

関ケ原での家康と義久の暗闘が、面白かったです。
しかし、関ケ原の話は何度読み聞きしても新しい切り口があって興味が尽きません。



島津四兄弟が好きな人
生きにくい環境で迷っている人
関ケ原が好きな人
にオススメです。


オススメ度
☆☆☆☆






theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : 天野純希

我が名は秀秋

今日の本は、矢野 隆さんの「我が名は秀秋」です。


「秀秋」と見た時点で手に取ってしまいました。
おぼっちゃまで優柔不断で裏切り者の代名詞のような形で描かれる秀秋さん。
ドラマでも映画でも最後は気が触れて死んでしまうことが多いですよね。
そんな秀秋さんが主人公なんて、興味を持ってしまいました。

頭脳明晰、大胆で果断、家康すら恐れる才能あふれる若者。
今までの秀秋像とは違う、そんな秀秋さんが大活躍します。
実際のところはわかりませんが、こんな若武者大好きです。


正史ではない歴史ものが好きな人
小早川隆景が好きな人
関ケ原が好きな人
にオススメです。


オススメ度
☆☆☆☆







theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : 矢野隆

居眠り磐音江戸双紙

今日の本は、佐伯 泰英さんの「居眠り磐音江戸双紙」シリーズです。

シリーズ全51巻、完結しました。
人から借りて読み始めたんですが、楽しんで読み進めることができました。

磐音さんの人生、山あり谷ありです。
ワンパターンの繰り返しで結末はわかっているのですが、読んでしまいます。
安心して読み進められる、っていう本もいいものですね。
年をとって、趣向が変わってきたのかも知れません。
字が大きいのも読みやすったです。



勧善懲悪のお話が好きな人
時代劇が好きな人
安心して読書がしたい人
にオススメです。


オススメ度
☆☆☆☆









桜ほうさら

今日の本は、宮部 みゆきさんの「桜ほうさら」です。

父が濡れ衣を着せられ、一家断絶となった古橋家の次男・笙之介くん。
手先は器用だが剣の方はからきしダメ、という愛すべき青年が主人公。
父の汚名をそそぐため、江戸に浪人生活を送っている彼ですが悲壮感はゼロ。
桜の精(?)に一目ぼれなんてしちゃうかわいい男です。

そんな彼がいろんな事件に巻き込まれ、周囲の助けを借りて成長していく・・
といった感じの物語です。

さすが宮部みゆきさん、といったところ。
笙之介くんを囲む人物の素晴らしいこと。
エピソードの中にその人物像が見えてくるところは本領発揮という感じです。

人物もお話しもすべてよし。
ほんとに面白い小説です。


淡い恋物語が好きな人
江戸時代の長屋住人が好きな人
「字」が好きな人
にオススメです。



オススメ度
☆☆☆☆☆






tag : 宮部みゆき

川あかり

今日の本は、葉室 麟 さんの「川あかり」です。


幼いころの体験から、藩で一番の臆病者と言われる藩士・伊東七十郎。
政争に巻き込まれ、刺客の密命を帯びて剣の達人と対決するのだが・・

この七十郎さんがとてもいい。
臆病なくせに、心の芯には誰にも負けない勇気を持っています。
身に付けた技を使えば勝てるかもしれない。
でも、卑怯なまねをするくらいなら、殺された方がまし。
震えるくらい怖いのに、自分の生き方を全うする。
命を賭けた場面で、こういう選択ができる人間になりたい・・
と思いますが、無理なのもわかっています。
でも、こういう勇気のある人間を素敵だと思い、応援できる人間には
なれるのではないでしょうか。


葉室麟さんの小説には、たくさんの魅力的な人物がいますが
私には、この七十郎くんがピカ一です。

読んでよかった、と思える小説に出会えるのは素敵なことですね。


不器用な生き方に悩んでいる人
遠回りをしても自分を大切に生きている人
臆病だけど勇気を持てるようになりたい人
にオススメです。



オススメ度
☆☆☆☆☆



tag : 葉室麟 剣士

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。