スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書記念日

今日は図書記念日です。

1872(明治5)年、東京・湯島に日本初の官立公共図書館・東京書籍館が開設された。
・・だそうです。

図書館といえば、
ジェフ・アボットの「図書館の殺人」です。

内容
田舎町で図書館の館長を務めるジョーダン・ポティートは、身の不運を嘆いた。前の日に口論した中年女性が、あろうことか彼の図書館で他殺体で発見されたのだ。その被害者はジョーダンや彼の母親らの名前と、聖書からの引用を記した奇妙極まるメモを隠し持っていた。殺人の容疑者となったジョーダンは、身の証しを立てるために犯人捜しを始めるが―アガサ賞、マカヴィティ賞の最優秀新人賞を受賞した人気シリーズ第1弾。


ずいぶんと前に読んだのですが、皮肉なジョークたっぷりで
内容も設定もすんなりと受け入れられ、読みやすかったです。
気軽に読めるミステリ、って感じでしょうか。


移動などの空き時間に読む本をお探しの人に
楽に読める海外ミステリをお探しの人に
おすすめです。

オススメ度
☆☆☆


図書館の死体 (ハヤカワ・ミステリ文庫)図書館の死体 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2005/03/09)
ジェフ・アボット

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。