スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたり天下

今日の本は、北沢 秋さんの「ふたり天下」です。


家康の実子ながら、常に疎んじられてきた結城秀康。
稀代の名軍師・黒田官兵衛の息子・長政。
関ケ原後の混乱を二人が手を組み、天下を狙う。
それに従うは、「西国無双」の立花宗茂。

この三人が手を組み、大坂城に入れば徳川の天下もひっくり返せるのでは。
そう思わせる構想力と緻密な描写。
果たして天下の行方はいかなる方向へ。

といった感じのお話です。
結城秀康さんについては、ほとんど予備知識がなかったので、楽しみながら読めました。

ただ、説明的な文章がちと多すぎでは・・?
「哄う合戦屋」を読んだときもそう思ってしまいました。


結城秀康が好きな人
黒田長政が好きな人
偉大な父を持つ二代目の人
にオススメです。


オススメ度
☆☆☆




スポンサーサイト

theme : 読んだ本
genre : 本・雑誌

tag : 北沢秋

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。