我が名は秀秋

今日の本は、矢野 隆さんの「我が名は秀秋」です。


「秀秋」と見た時点で手に取ってしまいました。
おぼっちゃまで優柔不断で裏切り者の代名詞のような形で描かれる秀秋さん。
ドラマでも映画でも最後は気が触れて死んでしまうことが多いですよね。
そんな秀秋さんが主人公なんて、興味を持ってしまいました。

頭脳明晰、大胆で果断、家康すら恐れる才能あふれる若者。
今までの秀秋像とは違う、そんな秀秋さんが大活躍します。
実際のところはわかりませんが、こんな若武者大好きです。


正史ではない歴史ものが好きな人
小早川隆景が好きな人
関ケ原が好きな人
にオススメです。


オススメ度
☆☆☆☆







スポンサーサイト

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : 矢野隆

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード