居眠り磐音江戸双紙

今日の本は、佐伯 泰英さんの「居眠り磐音江戸双紙」シリーズです。

シリーズ全51巻、完結しました。
人から借りて読み始めたんですが、楽しんで読み進めることができました。

磐音さんの人生、山あり谷ありです。
ワンパターンの繰り返しで結末はわかっているのですが、読んでしまいます。
安心して読み進められる、っていう本もいいものですね。
年をとって、趣向が変わってきたのかも知れません。
字が大きいのも読みやすったです。



勧善懲悪のお話が好きな人
時代劇が好きな人
安心して読書がしたい人
にオススメです。


オススメ度
☆☆☆☆









スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード