火星に住むつもりかい?

今日の本は、伊坂 幸太郎さんの「火星に住むつもりかい?」です。


「平和警察」なる国家権力の怖ろしさを描く近未来(?)小説。
密告により処刑される者が決められ、拷問による自白を証拠として処刑される。
「魔女狩り」や「うそ発見器の精度」などの寓話などから
「平和警察」の怖さがじわりじわりと感じられてきます。

虫好きの捜査官、正義の味方、苦学生、平和警察のトップ、煎餅屋の社長・・
など魅力的な人たちがたくさん出てきます。
さりげない会話の中身やささいな物事など、すべてが伏線として回収されるところは
さすがで、今回もうなってしまいました。

伊坂ワールド全開の面白怖い小説です。



伊坂幸太郎が好きな人
国家権力の無慈悲さが怖い人
虫の生態に興味がある人
にオススメです。



オススメ度
☆☆☆☆☆






スポンサーサイト

tag : 伊坂幸太郎

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード