スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せの条件

今日の本は、誉田 哲也さんの「幸せの条件」です。


彼氏にも会社にも見放された、中途半端な24歳女性が主人公です。
中小企業のワンマン社長に無理やりバイオエタノール用のコメを作付してもらえる
農家と契約してくるように命令され・・といった感じのお話です。

現代社会が抱える食糧やエネルギーの問題がテーマになっていますが
肩肘張らずに気軽に読める一冊です。

農業にあこがれてしまいますが、実際やるタイヘンなんでしょうね。。
「神去なあなあ」を読んだ後は林業にあこがれてしまいました。
単純なんですね。




農業に興味がある人
仕事にやりがいを感じられない人
新しいことに挑戦してみたい人
にオススメです。



オススメ度
☆☆☆☆



幸せの条件幸せの条件
(2012/08/24)
誉田 哲也

商品詳細を見る


スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。