スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/22/63

今日の本は、スティーヴン キングの「11/22/63」です。


タイトルの「11/22/63」とは、1963年11月22日すなわち
ケネディ大統領が暗殺された日のことです。

主人公ジェイクは、友人の依頼を受け、大統領暗殺を阻止すべく
1958年へタイムスリップする、といった内容です。

長いです。
でも止められませんでした。
正直、メインのテーマであるにもかかわらず途中からケネディや
オズワルドのお話はどうでもよくなってしまいました。

セイディー、主人公の恋人となる女性ですが、彼女に惹かれてしまいました。
うーん、読後結構な時間が経っているのですが、彼女のことをふと考えてしまいます。
小説の登場人物なのに、バカみたいです。


「ダンスは人生だ」
世界の崩壊と愛する一人の女性。
自分ならどちらを取るでしょうか。



JFK暗殺に興味のある人
タイムスリップものが好きな人
ラブストーリーが好きな人
にオススメです。



オススメ度
☆☆☆☆☆



11/22/63 上11/22/63 上
(2013/09/13)
スティーヴン キング

商品詳細を見る



スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。