スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五分後の世界

今日の本は、村上 龍さんの「五分後の世界」です。


出版当初に読みました。
強く印象に残っている作品だったので、再読してみました。

二度目も、面白かったです。
読書中ずっと緊張していて、疲れました。

段落が乏しく、状況を続けざまに描写することで、
とても緊迫した場面が続きます。
常に緊張状態にあるアンダーグラウンドを象徴しているのでしょうか。

日本人として、かくありたい、とは思いますが
おそらく私ではストレスから生きていられないとも思います。
でも「非国民」にはなりたくないなぁ。。


「輸出もしてるんだ、一着4千ドルだぞ」
ちょっと国民ゲリラ兵士にあこがれてしまいました。



緊迫したお話が好きな人
村上龍さんが好きな人
現在の日本に疑問を感じる人
にオススメです。



オススメ度
☆☆☆☆☆




五分後の世界五分後の世界
(1994/03)
村上 龍

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。