ボックス!

今日の本は、百田 尚樹さんの「ボックス!」です。

今話題の百田尚樹さんの本です。
売れっ子さんなので、なかなか図書館では借りられなかったのですが
運よく見つけることができました。

やっぱり面白いです。
天賦の才と努力・・永遠のテーマを軸にボクシングに賭ける高校生を描いた作品です。
努力すれば、天才と呼ばれる才能をも超えられる。。と信じたい一方で
やはり持って生まれた才能っていうものには勝てない。。というのも事実だと信じたい、
という気持ちになります。
努力が全てとなってしまうと、自分の現状は努力不足の結果だ、ということになってしまいますもんね。
でも、やっぱりお話の中だけでも、努力は才能を超えられるようになって欲しいわけで。。
なんだかんだで、努力の人よりも才能ある人の方がかっこよく見えてしまいます。

この手に本を読むといつもこんなことを考えてしまいます。
が、こういうお話大好きです。

「一瞬の風になれ」を連想してしまいました。



読みながら思ったことですが、現代のスポーツって、体格がものいいますよね。
学生時代はそうは思わなかったのですが、体のハンデって明確にあったんだと
今更ながら気づきました。
体重別に分かれるスポーツって、体格差がなくなるので、体の小さい自分は
そのような競技を選ぶべきだったのかもしれませんね。





ボクシングに興味のある人
学生時代スポーツにのめりこんでいた人
どうしても勝てないライバルがいた人
にオススメです。


オススメ度
☆☆☆☆☆



ボックス!ボックス!
(2008/06/19)
百田 尚樹

商品詳細を見る


スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード