阪急電車

今日の本は、有川 浩さんの「阪急電車」です。

うーん、うまい。うますぎます。
売れてるわけがよくわかりました。

電車という乗り物を通して、人々の人生模様が描かれていきます。
短編が丁寧に丁寧にそして上手に積み重ねられています。
それぞれの中の人々が出会ったりすれ違ったりして生きています。
作中の人々みんな、老若男女問わず自分とどこか似ていたりして
どっぷり感情移入してしまいます。

いやぁ、いいお話を読ませてもらいました。
図書館で借りた本ですが、機会があれば買って何度も読んでみたい本です。



阪急電車に興味のある人
連作小説の醍醐味を味わいたい人
最近心が荒んでいる人人
にオススメです。

オススメ度
☆☆☆☆☆



阪急電車 (幻冬舎文庫)阪急電車 (幻冬舎文庫)
(2010/08/05)
有川 浩

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード