愛しの座敷わらし

今日の本は、荻原 浩さんの「愛しの座敷わらし」です。


平凡な家族の物語です。
家族それぞれの視点から、物語が進行していきます。
座敷わらしが出てきますが、それ以外特に事件が起きるわけではありません。

それぞれがそれぞれの悩みを抱えながら生きていく・・
なんとも平凡ではありますが、みんな愛すべき人々です。
こういうワルモノが出てこない話は、安心して読めて大好きです。

特に最後の一文を読んで、読んでよかった~、と思わせてもらった一冊です。


田舎暮らしに興味のある人
座敷わらしに興味のある人
最近何だか疲れている人
にオススメです。

オススメ度
☆☆☆☆



愛しの座敷わらし愛しの座敷わらし
(2008/04/04)
荻原 浩

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード