マリアビートル

今日の本は、伊坂幸太郎さんの「マリアビートル」です。


最近、ますますお金に苦労するようになって、図書館通いです。
図書館では、本屋さんのように新しい作家さんと偶然めぐりあう確率が
低いような気がします。本の「帯」とかおすすめのコメントとかがない
ことが一因でしょうか。

図書館で選んでいるので、時系列バラバラの順序で読んでしまったりします。
「マリアビートル」は「グラスホッパー」からのつながりのある本のようです。
先にこちらを読んでしまいました。


面白かったです。
愛すべき登場人物がたくさん出てきて、それぞれがそれぞれに活躍します。
会話文を読めば誰が話しているのかわかる、安心して読める本です。
伏線が全てきれいに回収されて、読後感は爽快でした。
読み終えて、返しに行ったときに、タイトルに意味に気づきました。



伊坂幸太郎ファンの人
殺し屋に興味のある人
機関車トーマスの好きな人
にオススメです。

オススメ度
☆☆☆☆☆




マリアビートルマリアビートル
(2010/09/23)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード