スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーハの悲劇

今日は「ドーハの悲劇」の日です。
W杯サッカーアジア地区予選最終日、ロスタイムでイラクに得点され引き分けた
日本は悲願のW杯出場の夢敗れる。「ドーハの悲劇」(1993)

旅先のサウナのテレビで見ていました。
つい最近のような気がするのですが・・


今日の本は「チーム・バチスタの栄光」です。

内容
第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、一気に28万部突破のベストセラー入りを果たした大人気メディカル・エンターテインメントが、ついに文庫化です。東城大学医学部付属病院の有能な心臓手術チームに起こった、連続術中死の謎を追う医療ミステリー。万年講師の窓際医師・田口公平と、厚生労働省からやってきた変人役人・白鳥敬輔の掛け合いが圧倒的に面白いと大評判になりました。脇を固めるキャラクターも個性派ばかり。コミカルなやりとりと、リアルな医療現場の描写は、現役医師である著者にしか描くことができません。新作を次々に発表し、人気作家としての地位を確立しつつある著者・海堂尊の原点が、このデビュー作に詰まっています。


ドラマを見て面白かったので、手に取った本です。
テレビ→本、あるいは逆のパターンで、後から読んだ(見た)方が
面白かった、というのはほとんどないパターンなのですが、
これは例外でした。
文句なしに面白かったです。


海堂尊に興味のある人
医療ミステリーが好きな人
にオススメです。

オススメ度
☆☆☆☆☆





チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。