奇跡の人の日

今日は奇跡の人の日です。

アメリカの社会福祉事業家、ヘレン・ケラーの1880年の誕生日。
生後19箇月で猩紅熱の為に目・耳・口が不自由になったが、家庭教師アン・サリバンの厳格かつ献身的な教育によって読み書きを覚えて大学を卒業し、「奇跡の人」と呼ばれた。以後、世界各地で講演して盲唖者・身体障害者を励ます福祉活動に献身した。
・・・だそうです。

奇跡の人と言えば、そのまま
真保 裕一さんの「奇跡の人」です。

内容
31歳の相馬克己は、交通事故で一度は脳死判定をされかかりながら命をとりとめ、他の入院患者から「奇跡の人」と呼ばれている。しかし彼は事故以前の記憶を全く失っていた。8年間のリハビリ生活を終えて退院し、亡き母の残した家にひとり帰った克己は、消えた過去を探す旅へと出る。そこで待ち受けていたのは残酷な事実だったのだが…。静かな感動を生む「自分探し」ミステリー。


真保 裕一さんの作品の中では、異質な感じのする内容です。
記憶喪失者の話で、記憶を失った後(現在の自分)が
記憶を失う前(過去の自分)を探すストーリーです。
現在の自分が前向きで、誠実で応援したくなる人物なのですが
過去の自分はそうではなくて・・と。

好ましくない自分の過去を探り出す後半部分は、読むのがツライ
ところもありました。
読後感はスッキリしませんが、いろいろ考えさせられる本です。


記憶というものに興味のある人
消し去りたい過去がある人
におすすめです。

オススメ度
☆☆☆

奇跡の人 (新潮文庫)奇跡の人 (新潮文庫)
(2000/01)
真保 裕一

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード