1453年5月29日

1453年5月29日
ビザンティン帝国(東ローマ帝国)の首都で東方キリスト教の拠点コンスタンティノープルがオスマントルコにより陥落
・・だそうです。

ということで、今日の本は
塩野 七生さんの「コンスタンティノープルの陥落」です。


内容
東ローマ帝国の首都として一千年余も栄えたコンスタンティノープル。独自の文化を誇ったこの都も、しかし次第に衰え、15世紀後半には、オスマン・トルコ皇帝マホメッド二世の攻撃の前に、ついにその最期を迎えようとしていた―。地中海に君臨した首都をめぐる、キリスト教世界とイスラム世界との激しい覇権闘争を、豊富な資料を駆使して描く、甘美でスリリングな歴史絵巻。


当時世界史の教科書に、「オスマン艦隊の山越え」という絵が
載ってました。その絵に何故か魅せられて、本屋でそのものズバリ
の題名の本があったので思わず購入した記憶があります。
世界史という退屈な授業の中で、理由は今も見当がつきませんが
オスマン・トルコという国が大好きでした。その後のケマル・パシャの
あたりまで、授業とは関係なしに調べておりました。今考えると
ちょっと気持ち悪いですね。。

本の話に戻ります。
面白くて一気読みしました。
オスマン・トルコにも、ビザンツにも興味がなくても面白い本だと思います。
内容は、それほど覚えていません。。
一度読み返してみたい一冊です。

余談ですが、当時大枚をはたいてハード・カバーを買ったのですが、
その1週間後くらいに文庫本が発売されました。ものすごくもったいない
ことをしたと落ち込んだ記憶があります。
なんだかんだで印象に残っている本です。


本格歴史小説に興味のある人
オスマン・トルコに興味のある人
におすすめです。

オススメ度
☆☆☆☆


コンスタンティノープルの陥落 (新潮文庫)コンスタンティノープルの陥落 (新潮文庫)
(1991/04)
塩野 七生

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード