木の日

今日は木の日です。
十と八の漢字を足すと「木」になるかららしいです。

木から連想するのは木星。
木星と聞いて連想するのは。
アーサー・C・クラークの「2001年宇宙の旅」です。

400万年前の人類誕生以来、人類の進歩の過程で必ずその姿を現す黒石板モノリス。
この謎の物体を解明するため、5人の科学者を乗せた宇宙船ディスカバリー号が木星に旅立つ。。

小説と映画では、設定が違うところもあるようですが
両方難解であることにはかわりません。
小説は結局読破できませんでした。
何度読もうとしても寝てしまいます。
映画でも、猿が木の棒を振り回しているシーンくらいから寝てしまう始末で。。


科学に興味のある人
宇宙に興味のある人
におすすめ・・かもしれません(最後まで読めてないのでわかりません)


決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF)決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF)
(1993/02)
アーサー・C. クラーク

商品詳細を見る
スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード