ふたり天下

今日の本は、北沢 秋さんの「ふたり天下」です。


家康の実子ながら、常に疎んじられてきた結城秀康。
稀代の名軍師・黒田官兵衛の息子・長政。
関ケ原後の混乱を二人が手を組み、天下を狙う。
それに従うは、「西国無双」の立花宗茂。

この三人が手を組み、大坂城に入れば徳川の天下もひっくり返せるのでは。
そう思わせる構想力と緻密な描写。
果たして天下の行方はいかなる方向へ。

といった感じのお話です。
結城秀康さんについては、ほとんど予備知識がなかったので、楽しみながら読めました。

ただ、説明的な文章がちと多すぎでは・・?
「哄う合戦屋」を読んだときもそう思ってしまいました。


結城秀康が好きな人
黒田長政が好きな人
偉大な父を持つ二代目の人
にオススメです。


オススメ度
☆☆☆




スポンサーサイト

theme : 読んだ本
genre : 本・雑誌

tag : 北沢秋

草雲雀

今日の本は、葉室 麟さんの「草雲雀」です。

りり、りり、りり。
草雲雀は恋の歌をさえずっているそうです。
部屋住み身分の鬱屈した生活に彩りをと、庭にいた草雲雀を夫・清吾のために捕まえる妻・みつ。
捕まえられた草雲雀に自らの姿を見て不憫に思い、解き放つ清吾。
互いを想い合う控えめな感情表現。

年々こういう小説が好きになってきているようです。
そう思うと歳を重ねるのも悪くないのかもしれません。

物語は、筆頭家老の地位を狙う山倉伊八郎の用心棒を栗屋清吾が引き受けることから始まります。
朴訥で真っすぐな清吾と豪放磊落な伊八郎。
対照的な二人が力を合わせて目前の危難に立ち向かっていく。

やっぱり葉室麟さんの小説っていいです。



葉室麟が好きな人
誇りや矜持を持ててない人
未来への展望が閉ざされていると感じている人
にオススメです。


オススメ度
☆☆☆☆☆





theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : 葉室麟

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード