スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェインドッグ

今日の本は、櫛木理宇さんの「チェインドッグ 」です。


鬱屈した日々を送る大学生、筧井雅也に届いた一通の手紙。
それは稀代の連続殺人犯・榛村大和からのものだった・・

最初っから好きになれないウダウダ学生の筧井雅也くん。
相当ヒネクレていて、こんなやつとは友達になりたくない人です。
そんな雅也くんのもとに連続殺人犯から手紙が届く。
内容は、連続殺人の最後の1件の真犯人を見つけてくれ、というもの。
狂気のシリアルキラー・榛村大和と接するうちに、雅也くんが本来の姿を
取り戻していき・・

怖い怖い小説です。
人間本来の姿って?
自分は自分が思っているような自分なのか?
自分の意思だと思っていたものが誰かに操られているとしたら?

いろいろ勝手に考えさせられて、怖い気分になりました。
榛村大和、宮部みゆきさんの「模倣犯」に出てくるピースを
思い出させてくれました。

サイコパスって、怖いけど近づきたくなりますね。
レクター博士なんかは怖すぎですけど。



サイコパスに興味がある人
心理学に興味がある人
怖い話が好きな人
にオススメです。



オススメ度
☆☆☆☆






スポンサーサイト

tag : シリアルキラー サイコパス

火星に住むつもりかい?

今日の本は、伊坂 幸太郎さんの「火星に住むつもりかい?」です。


「平和警察」なる国家権力の怖ろしさを描く近未来(?)小説。
密告により処刑される者が決められ、拷問による自白を証拠として処刑される。
「魔女狩り」や「うそ発見器の精度」などの寓話などから
「平和警察」の怖さがじわりじわりと感じられてきます。

虫好きの捜査官、正義の味方、苦学生、平和警察のトップ、煎餅屋の社長・・
など魅力的な人たちがたくさん出てきます。
さりげない会話の中身やささいな物事など、すべてが伏線として回収されるところは
さすがで、今回もうなってしまいました。

伊坂ワールド全開の面白怖い小説です。



伊坂幸太郎が好きな人
国家権力の無慈悲さが怖い人
虫の生態に興味がある人
にオススメです。



オススメ度
☆☆☆☆☆






tag : 伊坂幸太郎

四日間の奇蹟

今日の本は、浅倉 卓弥さんの「四日間の奇蹟」です。


第1回(2002年) 『このミステリーがすごい!』大賞受賞作品
・・だそうです。

脳に障害(?)を負った少女と指をケガしたピアニストが織りなすファンタジーです。
「ミステリ」ではないような気がしますが、大賞受賞作です。
ラストシーンが印象的ですが、後から振り返って色々思い出してしまう、
といったタイプの小説でした。
正直ちょっとひきずってしまうところもありました。

音楽のことも脳のことも介護が必要な人のことも、何ひとつ知りませんでしたが
最後まで面白く読めました。
ひとつひとつの説明が長かったようですが、苦にはならないような気がしました。

一生懸命生きる人がいい思いをする
努力する人が報われる
そんな世の中であったらいいのに、唐突ですがそう思いました。


クラッシック音楽が好きな人
ピアノが好きな人
悪い人が出てこない小説が好きな人
にオススメです。



オススメ度
☆☆☆☆




tag : 浅倉卓弥

桜ほうさら

今日の本は、宮部 みゆきさんの「桜ほうさら」です。

父が濡れ衣を着せられ、一家断絶となった古橋家の次男・笙之介くん。
手先は器用だが剣の方はからきしダメ、という愛すべき青年が主人公。
父の汚名をそそぐため、江戸に浪人生活を送っている彼ですが悲壮感はゼロ。
桜の精(?)に一目ぼれなんてしちゃうかわいい男です。

そんな彼がいろんな事件に巻き込まれ、周囲の助けを借りて成長していく・・
といった感じの物語です。

さすが宮部みゆきさん、といったところ。
笙之介くんを囲む人物の素晴らしいこと。
エピソードの中にその人物像が見えてくるところは本領発揮という感じです。

人物もお話しもすべてよし。
ほんとに面白い小説です。


淡い恋物語が好きな人
江戸時代の長屋住人が好きな人
「字」が好きな人
にオススメです。



オススメ度
☆☆☆☆☆






tag : 宮部みゆき

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。