スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キアズマ

今日の本は、近藤 史恵さんの「キアズマ」です。


「サクリファイス」シリーズの第四弾。
今回の舞台は大学の自転車部です。

大学生が自転車レースを始め、自分の思わぬ才能に気づき・・
といった感じのお話です。

自転車についての知識は、このシリーズと「弱虫ペダル」からしか得ていない
素人ですが、またまた楽しく読めました。

ただ、今回の主人公さんがちょっと好きになれない部分があったのが
残念でした。

やっぱりチカウくんのお話が読みたいです。






自転車が好きな人
自転車レースが好きな人
にオススメです。



オススメ度
☆☆☆☆


キアズマキアズマ
(2013/04/22)
近藤 史恵

商品詳細を見る


スポンサーサイト

警官の血

今日の本は、佐々木 譲さんの「警官の血」です。


話題になっていた警察小説です。
親・子・孫三代にわたる警察官のお話です。
戦後~現代までの日本をたどる物語でもあります。
上下巻あり、見るからに重厚そうな本ではありますが
とても読みやすくほぼ一気読みでした。

祖父 > 父 > 子 の順で面白かったです。
ただ、三代続いた謎解きの結論が、ちょっとさみしいような。。
最後はちょっと尻切れトンボの印象をうけました。

おじいちゃんのお話が一番好きです。
その当時(終戦直後~復興期)の日本が続く時代(高度成長~現在)
よりも面白かった、ということになるのでしょうか。



「あれはレベルの高い女だ。」
どうもこの一文にひっかかってしまって。。





駐在さんが好きな人
公安警察に興味がある人
長いお話が好きな人
にオススメです。



オススメ度
☆☆☆☆




警官の血 上巻警官の血 上巻
(2007/09/26)
佐々木 譲

商品詳細を見る


下町ロケット

今日の本は、池井戸 潤さんの「下町ロケット」です。


今話題の池井戸潤さんの本です。
図書館でも、池井戸の本はほとんど借りられていて、
棚がスッカラカンの状態です。一冊ポツンと置かれていたので
借りてみました。


期待に違わず面白かったです。
口にすれば鼻で笑われそうな夢とロマンがいっぱいです。

金儲け < ものづくり
給料  < 夢
安定  < プライド


直球勝負のお話を久しぶりに読みました。
町工場で働く身としては、こんなにうまくいくかいな、
という感じがしないではないですが、いいお話でした。


「ウチはいい会社なんです」
胸を張って言ってみたいです。。


金融業より製造業が好きな人
町工場で働いている人
大企業が嫌いな人
にオススメです。



オススメ度
☆☆☆☆☆



下町ロケット下町ロケット
(2010/11/24)
池井戸 潤

商品詳細を見る


謀る理兵衛

今日の本は、松本 薫さんの「謀る理兵衛」です。


題名に惹かれて手に取った一冊です。
序章だけを斜め読みして、「幕末もの」だと思い借りました。

実際の内容は、元禄時代の大坂を舞台に活躍する商人のお話でした。
「淀屋」がモデルだそうです。
恥ずかしながら、実際の「淀屋」は全く知りませんでした。


安定期に差し掛かった江戸幕府と大坂商人の対決を軸に、
恋愛あり活劇ありでサービス満点の一冊です。
忠臣蔵のお話なんかも織り交ぜられており、十分に楽しめました。

もうちょっと理兵衛さんに活躍してほしかった感がります。
どちらかといえば、お父さんの重兵衛の方がカッコよかったので。





江戸より大坂が好きな人
武士より商人が好きな人
捲土重来が好きな人
にオススメです。



オススメ度
☆☆☆☆





謀る理兵衛 (一般書)謀る理兵衛 (一般書)
(2013/07/06)
松本 薫

商品詳細を見る


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。