あるキング

今日の本は、伊坂幸太郎さんの「あるキング」です。

正直、とっつきにくい作品でした。
伊坂さんの本でなければ、最後まで読まなかったかもしれません。
主人公が感情移入しにくい人物だったからなのでしょうか。

期待して読んでみたらイマイチだった・・といった本の典型でした。


野球ファンの人
王に興味のある人
にオススメです。

オススメ度
☆☆





あるキングあるキング
(2009/08/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト

アリアドネの弾丸

今日の本は、海堂尊さんの「アリアドネの弾丸」

“田口&白鳥”のコンビが活躍する、バチスタシリーズの一冊です。
久々に、「謎解き」の面白さを堪能させてもらいました。
これだけ本格的なミステリ仕立ての作品は、1作目の「バチスタ」以来ではないでしょうか。

著者の作品は、謎解き部分はなくても十分に楽しめるものが多いですが
やっぱりエンターテインメント作品としては、謎解きがあるものの方が面白いです。
難しい話はさておいて、純粋にミステリとしても楽しめる作品だと思います。



バチスタファンの人
医療問題に興味のある人
にオススメです。

オススメ度
☆☆☆☆☆



アリアドネの弾丸アリアドネの弾丸
(2010/09/10)
海堂 尊

商品詳細を見る

SOSの猿

今日の本は、伊坂 幸太郎さんの「SOSの猿」です。

悪魔祓いの男性と事故調査の男性二人がメインの物語です。
伊坂作品ではめずらしく、一気読みできませんでした。
半分くらいから、ちょっと退屈になってしまいました。。
ただ、ラストの一行はとても印象に残りました。
読んだ後、なんだか気持ちよくなった、そんな本でした。


エクソシストに興味のある人
孫悟空に興味のある人
にオススメです。

オススメ度
☆☆☆


SOSの猿SOSの猿
(2009/11/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード