スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚園記念日

今日は幼稚園記念日です。


幼稚園児いえば思い出すのがゆかりちゃん。
宮部みゆきさんの「レベル7」に出てくる女の子です。
それほど重要な人物ではないのですが、妙に印象に
残りました。こんな娘が欲しいな。。

ストーリーは宮部みゆき作品の中でもかなり
面白い部類に入ると思います。


記憶喪失ものが好きな人
初期の宮部作品が好きな人
におすすめです。


レベル7(セブン) (新潮文庫)レベル7(セブン) (新潮文庫)
(1993/09)
宮部 みゆき

商品詳細を見る
スポンサーサイト

パチンコの日

今日はパチンコの日です。

1966年のこの日、パチンコ業者の集まりである
「全国遊戯業協同組合連合会」が発足したことを
記念して同連合会が制定した日だそうです。


パチンコといえば、パチンコ玉を武器をぶっ飛ばす
シーンが印象的な、藤原 伊織さんの
「蚊トンボ白鬚の冒険」です。

設定は、頭の中に蚊トンボが入ってくる、という
荒唐無稽なお話ですが、内容はハードボイルド
でもあり青春小説のようでもあり。。
おすすめの一冊です。


最近いいことがないなあと思っている人
思いっきり走ってみたい人
におすすめです。


蚊トンボ白鬚の冒険蚊トンボ白鬚の冒険
(2002/04)
藤原 伊織

商品詳細を見る

チーズの日

今日はチーズの日です。

700年11月、文武天皇が「蘇(そ)」の製造を命じたと古文書
に記録され、「蘇」がチーズに似ていることからチーズ普及協会と
日本輸入チーズ普及協会が制定したそうです。

チーズと言えば、自己紹介時に「チーズステーキのホーギー」
と名乗るスチュアート・ホーグ シリーズ。
今日の一冊は、デイヴィッド ハンドラーの
「フィッツジェラルドを目指した男」です。

出てくる登場人物(愛犬ルルも含め)がみんな魅力的で
ウィットに富んだ会話を聞かせてくれます。
もちろん、ストーリーもかなり面白く、何度も繰り返し読んだ
一冊です。


海外ミステリが好きな人
一昔前のアメリカ現代社会に興味がある人
におすすめです。


フィッツジェラルドをめざした男 (講談社文庫)フィッツジェラルドをめざした男 (講談社文庫)
(1992/01)
デイヴィッド ハンドラー

商品詳細を見る

太陽暦採用記念日

今日は太陽暦採用記念日です。

1872年11月9日(旧暦)に太陽暦を採用する布告があり、
その年の12月3日(旧暦)が翌年1月1日に、なったそうです。

太陽暦といえば、ユリウス暦を作ったカエサル。
なので、今日の一冊は
佐藤 賢一さんの「カエサルを撃て」です。


カエサルあるいはシーザーと聞くと、
ローマの英雄で、威風堂々とした偉丈夫を
想像しますが、この物語で出てくるのは
いじいじした中年のカエサルです。


ローマ史が好きな人
中年カエサルに興味がある人
におすすめです。


カエサルを撃てカエサルを撃て
(1999/09)
佐藤 賢一

商品詳細を見る

世界都市計画の日

今日は世界都市計画の日です。

1949年11月8日、アルゼンチンの都市計画学者
のパオレラ教授が、世界都市計画機構の設立を
めざして、毎年この日を「世界都市計画の日」と
制定したそうです。

計画都市といえば、ブラジリア。
ブラジルといえば、ブラジル移民の闇を描いた
垣根 涼介さんの「ワイルド・ソウル」です。

この本で、初めて戦後移民政策を知り、
それが日本政府・外務省の失策であることも
知りました。

重くなりがちなテーマにもかかわらず
一気読みしてしまうほど面白かったです。


移民政策に興味がある人
ハードボイルドが好きな人
におすすめです。


ワイルド・ソウルワイルド・ソウル
(2003/08)
垣根 涼介

商品詳細を見る

あられ・せんべいの日

今日はあられ・せんべいの日(毎年立冬)です。

せんべいといえば、せんべい屋の主人、秋せつらが主人公で
菊池秀行さんの「魔界都市ブルース」です。

魔界都市、新宿を舞台に展開するいくつかの
物語のうちで、独特のせつなさを感じさせる
短編が収録されています。


魔界都市のシリーズを読んでいない人
せつない物語が好きな人
におすすめです。


魔界都市ブルース〈1〉妖花の章 (ノン・ノベル―マン・サーチャー・シリーズ)魔界都市ブルース〈1〉妖花の章 (ノン・ノベル―マン・サーチャー・シリーズ)
(1986/04)
菊地 秀行

商品詳細を見る

電報の日

今日は電報の日です。

電報といえば、電報で母の死を知ったムルソーの話
カミュの「異邦人」です。

「きょう、ママンが死んだ」という冒頭と
「太陽のせい」というセリフが有名です。


薄い本であったため、学生時代に手にとったのですが。。
よくわかりませんでした。
「不条理」??って感じでした。ただ、暑いイメージだけが
残りました。


フランス文学に興味がある人
不条理に興味がある人
におすすめです。


異邦人 (新潮文庫)異邦人 (新潮文庫)
(1954/09)
カミュ窪田 啓作

商品詳細を見る

ユネスコ憲章記念日

今日はユネスコ憲章記念日です。

1946年のこの日、国連の専門機関の一つユネスコ(国連教育科学文化機関
=United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization)が
発足した。「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和
の砦を築かなければならない」という言葉で始まる「ユネスコ憲章」が、この
日から発効したことを記念して制定された日、だそうです。


ユネスコといえば、世界遺産。
世界遺産といえば、登録されなかった平泉。
平泉といえば義経。
ということで、高木彬光さんの「成吉思汗の秘密」です。


いわゆる「義経=ジンギスカン」説を描いた本で
一番面白かったのが本書です。
まともに信じるつもりはないですが、信じてみたい
気持ちになってしまいます。
モンゴルの人たちにとっては、不快なことでしょうけど。。

歴史ロマンに興味のある人
義経が好きな人
におすすめです。




成吉思汗の秘密 新装版 (光文社文庫)成吉思汗の秘密 新装版 (光文社文庫)
(2005/04/12)
高木 彬光

商品詳細を見る

ハンカチの日

今日はハンカチの日です。

18世紀末、フランスでは長方形や丸形などのハンカチが流行したが、
王妃マリー・アントワネットがルイ16世に「国内のハンカチはすべて
正方形に」と進言したことから、現在のような形になったといわれて
いるそうです。

さて、ハンカチと言えばハンカチ王子
王子といえばアルスラーン、ということで
田中芳樹さんの「アルスラーン戦記」です。
現在も続いているシリーズものですが、
第一巻「王都炎上」が出た当初は繰り返し
繰り返し読んだ記憶があります。


中世ペルシアに興味のある人
歴史戦記ものが好きな人
におすすめです。


王都炎上・王子二人 ―アルスラーン戦記(1)(2) (カッパ・ノベルス)王都炎上・王子二人 ―アルスラーン戦記(1)(2) (カッパ・ノベルス)
(2003/02/21)
田中 芳樹

商品詳細を見る

タイガース記念日

今日はタイガース記念日です。

1985年のこの日、プロ野球の阪神タイガースが、
西武ライオンズを破り、球団創設以来初めて日本一に輝いた。
これを記念して、タイガース後援会などが制定したそうです。


タイガースと言えば、最近は強いですが
一昔は泣きたくなるくらい弱かった。。
そんな弱いチームに入団した男の物語が
堂場瞬一さんの「8年」です。

オリンピックで華々しい活躍をしたが、ある理由から
野球を捨ててしまった投手。8年後、30歳を過ぎた彼は、
突然、ニューヨークのメジャー球団に入団する。。
一度は諦めた夢を実現するため、チャレンジする男の生き様を
描くスポーツ小説で、第13回小説すばる新人賞受賞作です。


年齢を理由に夢をあきらめかけている人
野球に興味のある人
におすすめです。


8年 (集英社文庫)8年 (集英社文庫)
(2004/01)
堂場 瞬一

商品詳細を見る

自衛隊の日

今日は自衛隊の日です。
自衛隊に対する理解を深めてもらおうと制定された日
だそうです。

自衛隊といえば、麻生幾さんの「宣戦布告」です。
北朝鮮の特殊部隊が、原子力発電所が並ぶ敦賀半島に上陸。
自衛隊が出動するのですが、各種の法律に手枷足枷を
かけられて・・・といった内容です。
現実に起きることが想定できるだけに、非常に怖ろしいです。

自衛隊に興味がある人
国家に危機管理に興味がある人
におすすめです。




加筆完全版 宣戦布告〈上〉 (講談社文庫)加筆完全版 宣戦布告〈上〉 (講談社文庫)
(2001/03)
麻生 幾

商品詳細を見る
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。