スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進撃の巨人

今日の本は、諫山 創さんの「進撃の巨人」です。


1年ほど前に話題になっていたの読んでみました。
設定や話の内容は面白いのですが、顔が同じような人がたくさんいて
見分けがつかず、イマイチよくわからないエピソードが多かった記憶がありました。
時系列も複雑で、回想シーンなのか現在なのか、また誰の回想なのかさっぱりわからなかったので
一読して「ふーん」って感じで片づけていました。

今回、ふとしたことから動画を見ることになり、見事にはまってしまいました。
で、再読してみたら・・・面白かったです。
話の内容とそれぞれの人物像がある程度わかるようになったので、不明確だったシーンも
よく理解できるようになったことが大きかったようです。

セリフも印象に残るものが多く、いろいろ考えさせられてしまうお話です。


「目的を一つに絞るぞ」
リヴァイ兵士帳のセリフです。
頭の中が混乱しそうになったとき、よく思い出します。



ところで、「漫画」っていうカテゴリは古い感じがしますね。。



弱肉強食が好きな人
不条理な世界が好きな人
パニックものが好きな人
にオススメです。



オススメ度
☆☆☆☆☆



進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)
(2010/03/17)
諫山 創

商品詳細を見る



スポンサーサイト

ベルセルク

今日の本は、三浦 建太郎さんの「ベルセルク」です。


暗い・重い・長いの三拍子そろった、正に重厚長大なファンタジーです。
本編主人公・ガッツは、従来のヒーローがもつ正義感やなどは持ち合わせては
おりませんが、その圧倒的な存在感で物語に君臨します。

ガッツのひととなりやその過去は、徐々にあきらかになっていくのですが
その過程が・・・長いです。気を失わんばかりに長いです。

この物語は、長いのですが面白いです。
まだ連載中で、未完です。
先を読まずにはいられません。

でも、暗いです。
読んだ後も、ずっと胸に残る感じがします。
なのに、面白いです。

うーん、厄介ですね。



ファンタジーが好きな人
暗いお話が好きな人
重いお話が好きな人
にオススメです。



オススメ度
☆☆☆☆☆


ベルセルク (1) (Jets comics (431))ベルセルク (1) (Jets comics (431))
(1990/12)
三浦 建太郎

商品詳細を見る

夏目友人帳

今日の本は、緑川 ゆきさんの「夏目友人帳」です。

妖(あやかし)が見えてしまう夏目くんと、ほんとはリッパな妖であるニャンコ先生が
織りなすちょっとせつなく、でもやさしい気持ちになれるお話です。

いやぁ、いいです。夏目くんもニャンコ先生も大好きです。
やさしい気持ちなど、とっくの昔に忘れたオッサンでも、夏目くんの一生懸命なやさしさに
触れると、こんな世の中にこんな自分が生きていてもいいのかも、と思えます。
また、夏目くんを見習って、もうちょっと真剣に生きてみようかな、とも思わせてくれます。

夏目くんには、このまま大人になっていってほしいものです。
ニャンコ先生よろしく、っといったところでしょうか。


少女まんがって面白いですね。



オススメ度
☆☆☆☆☆




夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))
(2005/10/05)
緑川 ゆき

商品詳細を見る

弱虫ペダル

今日の本は、渡辺 航さんの「弱虫ペダル」です。

片道45kmも離れた秋葉原まで毎週ママチャリで通うオタクの少年が、
ふとしたきっかけから自転車ロードレースの世界にのめりこんでいく・・
といった内容です。

自転車には興味がなかったのですが(同じことを昨日も書いてます)
読み始めてみると、いやぁ面白い面白い面白い・・・
一週間ほど寝不足が続きました。

何気なく読んでいますと、ところどころ名セリフなんかが紛れてまして
油断して涙がこぼれてしまうこともめずらしくありません。
やっぱり、何事も基本に返って楽しむことが一番ですね。

最近、本気で何かにのめりこむことができる人がうらやましくなっています。。


自転車に興味のある人
ロードレースに興味のある人
一生懸命が好きな人
にオススメです。

オススメ度
☆☆☆☆☆




弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)
(2008/07/08)
渡辺 航

商品詳細を見る

キングダム

今日の本は、原 泰久さんの「キングダム」です。


舞台は中国の「戦国時代」です。
下僕の剣士・信と、後の始皇帝・政。
二人の少年の夢を通して、中国の戦国時代を描いた大作です。
周囲の大人も魅力的なキャラクターを配し、当時の時代背景も丁寧に
表現されていて、何度読んでも飽きません。

久しぶりに、血が熱くなるような漫画に出会った気がします。


中国の歴史ものに興味のある人
権謀術数に興味のある人
わくわく感を求めている人
にオススメです。

オススメ度
☆☆☆☆☆



キングダム 1 (ヤングジャンプコミックス)キングダム 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2006/05/19)
原 泰久

商品詳細を見る
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。