スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物図鑑

今日の本は、有川 浩さんの「植物図鑑」です。


甘い甘い恋愛小説です。
恋愛小説は基本好きではないのですが、表紙に釣られて手に取りました。
期待通り、いやそれ以上に楽しめました。


連作小説となっています。
毎回野に咲く花や草の名前が出てきます。
植物に興味がなかったので、初めて見聞きするものばかりでした。
途中、ちょっとマンネリ気味かな、とも感じましたが
最後まで読んで、この小説が好きになりました。


『別れる男に、花の名を一つは教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます。』
川端康成の言葉だそうです。


恋愛小説が好きな人
植物が好きな人
ベジタリアンの人
にオススメです。



オススメ度
☆☆☆☆




植物図鑑 (幻冬舎文庫)植物図鑑 (幻冬舎文庫)
(2013/01/11)
有川 浩

商品詳細を見る
スポンサーサイト

そのときは彼によろしく

今日の本は、市川 拓司さんの「そのときは彼によろしく」です。

普段、恋愛ものの本は手に取らないのですが(なんとなく恥ずかしいので)
借りる本の数合わせのため借りたものです。
図書館には週末に行くのですが、次のあるいは次の次の週末まで
読む本がなくなるのがイヤなので、たいてい多めに借りてしまいます。
その中には、読まないかもという本も含まれていて、この本はまさしく
そのような本でした。

前置きが長くなりましたが、よかったです。
恋愛小説が大好きになりました。
登場人物がみんなひとくせもふたくせもありそうでいて、愛すべき人たちです。
こういう人たちに囲まれてこういう恋愛をしてみたい、と思わせられる内容でした。

いい歳をしたオッサンでも楽しめました。



恋愛小説が好きな人
恋愛小説をあまり読んでいない人
ほっこりしたい人
にオススメです。

オススメ度
☆☆☆☆☆



そのときは彼によろしく (小学館文庫)そのときは彼によろしく (小学館文庫)
(2007/04/06)
市川 拓司

商品詳細を見る
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。